2017年12月14日

「春待ち月夜と桜の園」参加者紹介

少女塾企画展第廿回
◆春待ち月夜と桜の園◆
平成30年2〜3月の少女塾の企画展
春を待つをとめ達の早春のイベントです


◆◇◆


出展作家ご紹介(敬称略、参加表明順)
※現時点で届いているコメントをご紹介します
()=少女塾企画展参加回数

Plastic+Prin(八)
Twitter Plastic+Prin
web Plastic+Prin
春の夜はほのかに霞んだ月と桜がどこか儚げで闇がうっすらと明るく不思議な綺麗さがあります。夜桜が人を惹き付ける様に、心に残るお人形を作れたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

倉馬奈未(二)
Twitter にゃんくん ☪️倉馬奈未
blog 【インク壺の底】
春を楽しみに待つキャラクター達。北海道出身なので、2月、3月というと幼心にはまだ雪景色の印象がございます。今まで描いてきたみんなは、どう過ごすのだろうか…と想像しながら暖かく楽しい作品を描けたらと思います。今回はアクリルグッズ制作に挑戦してみたいです。どうぞよろしくお願い致します。

麻琴(二)
Twitter 麻琴 (Makoto)
Instagram 麻琴 (Makoto)
桜を見ると心がざわつくのです。可憐で美しく、時に畏怖すら感じる。春もまた相反する気持ちが交じり合う季節です。出逢いと別れ、期待と不安…。春を心待ちにする少女の瞳に様々な心を閉じ込めたいと思います。よろしくお願い致します。

大須賀理恵(八)
Twitter 大須賀理恵
web 大須賀理恵
少女塾の春の展示に参加させて頂く事になりました。少女塾は8回目、お人形作りの得意な皆様と春の課題に取り組みます。どんな子供達が産まれて来るのだろうかと、今から楽しみです。新作が沢山できますように。

まりえ(四)
Twitter marie
春を感じるときは何かと考えると、わたしにとっては桜の蕾がちらほらと目に入るようになったときだと思います。寒い冬が明け、花たちがほころぶような可憐さを表現できたらと思います。

うの きょうこ(十七)
Twitter うのきょうこ
blog お砂糖ひとさじ
昼間の穏やかな陽の光で見る桜も良いですが、肌寒い夜に見る白く浮かび上がる桜も幽玄大好きです。桜のほかにも、梅や椿…初春の花々も春を待ちなが咲き誇る花たちも素敵です。そんな雰囲気と、乙女らしさを融合できたらいいなと思います。

ドッティ(十九)
web shopping KATSUYAMA USAGI WEB SHOPPING
おぼろ月に照らされた春の夜、少しづつ膨らみ始めた桜の蕾の様な可愛いお人形を作ってみたいと思っています。皆様どうぞ宜しくお願い致します。

nakaotome (五)
instagram hanko.nakaotome
Facebook 消しゴムはんこnakaotome
Twitter はんこnakaotome
blog いっこいっこ ぼちぼちと
今回も参加させて頂くことになりました。「春待ち月夜と桜の園」のテーマを膨らませて乙女なはんこを一つ一つ心を込めて彫り上げたいと思います。

★★★

少女塾企画展第廿回
◆春待ち月夜と桜の園◆
平成30年2月18日、25日、3月4日、11日、18日、25日
(2月18日〜3月25日の毎週日曜日開催)
12〜18時
処:少女塾

map.jpg

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-28-3
ジャルダン吉祥寺105号 少女塾


◆◇◆


前回の展示の様子はこちら。動画でご紹介してゐます。
少女塾企画展第十九回「月明かりの箱庭」再生リスト







posted by 市川こずえ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 参加者紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181632626
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Sponsored Link