2015年07月21日

「をとめ銀河」展覧会レポートその五

7月19日


真夏のやうな暑さの中…
オープン時より人の絶えない幸せな一日となりました。
ブログを見て来て下さつた方も居て、とても嬉しく…
ありがたうございます。

ネツト上では様々な情報が飛び交ひ
色々の事を目に耳にする事が出来ますが
実際に人が動く…ご来場頂ける…と云ふのは
凄い事なのです。
そして実際に触れ合ふ事が出来ると…
この刺激に勝るものはありません。
作品もさうです。
実際に見て、人と人とが触れ合ふ緊張感と同じやうに
作品を取り囲む空気と緊張感が
まだ見ぬ未知の世界へと導いて呉れます。



この日は、個展でお忙しい中
いしだゆみこさんが来て下さいました。
いしださんにお会ひするのは初めてでしたが
Twitterやメールのやりとりだけでは
見えなかつた部分が見えて、何と言ふか…
感動しました。
ふうわりと草原の風に包まれたやうな人でした。

さて、追加作品は私の時計兎さん(夜空のちゃぶ台付き)と
うのきょうこさんのをとめ人形。
うのさんの新しい世界が、をとめの夢の彼方へ
私達を誘つて呉れます。



次週はいよいよ最終日。
夕方4時頃からお茶会で、搬出の作家さんも揃ひます。
何方でもご参加頂けますので是非遊びにいらして下さいね。


posted by 市川こずえ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 「をとめ銀河」展覧会レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/154994008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Sponsored Link